ケース【1】Aさん(10代女性 交通事故による頚髄損傷)

 

救急→急性期→兵庫県立総合リハビリテーションセンター→重度更生施設→在宅

 

支援した事 

1)将来介護費用の立証(保険会社側の社会福祉士と当会の社会福祉士の間で議論

 1.排泄→自立?要介助?

   更衣→自立?要介助?

   外出→自立?要介助?

 ご本人の日常生活をビデオに撮って編集 (排泄風景はマネキンを利用)

 

 

2)住環境整備費用の立証(住宅改修費用)

 

3)将来に渡るリハビリの必要性(拘縮予防、体力低下予防、褥瘡予防)

 

4)車いすの金額の妥当性の立証

 

5)在宅リハビリのコーディネート

 

(頚髄損傷のリハビリに対応できる訪問看護ステーションを探して紹介)

 

6)住環境整備 (住宅設計)

 

7)福祉サービスの使い方の助言 

 

     障害支援区分の認定の受け方

 

           福祉・医療サービスメニューとその意味

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

救急 急性期  リハビリ病院     訓練施設       在宅生活

 

示談         1審        2審